どんな症状 疲れやすい 風邪気味・微熱

「疲れやすいのは更年期?」40代の高齢出産の妊娠初期症状【体験談】

更新日:

40代でも出産の可能性はもちろんあり、実際に出産されている方も沢山います。

今回は、高齢での妊娠初期で更年期かと思いきや、実は妊娠初期症状だったという実話をお届けします。

更年期の病気ではなく、妊娠の初期症状だった

どんな症状がありましたか?

とにかく疲れやすくなりました。年齢が40歳を過ぎていたので絶対に更年期だと思いました。

やる気も出ないし、やらなければならないことも途中で息切れして中断してしまう。たまに目眩もするし、寝ても寝ても眠くて起きてもスッキリしない。

体がこんな状態だと気持ちもふさぎ込んでしまって、もっとやる気がなくなってしまう。こんな状態が3週間ほど続いて「何かおかしい」と思い始めました。そういえば胸も張って痛いし、ずっと生理もきていない。このまま体調不良に悩んでくよくよしているよりは治療を受けよう、と婦人科を受診することにしました。

症状が出た後にどんな行動をしましたか?

婦人科を受診するとまさかの妊娠でした。

もうすでに子供は二人いて、下の子も来年小学生というタイミングで三人目が出来るとは思ってもみませんでした。何より43歳という年齢で妊娠するなんて芸能人しか聞いたことない!とインターネットで「40代・自然妊娠」と検索してみました。

結果、結構いることが分かったのですがやっぱり驚きと高齢出産の不安でその夜は眠れませんでした。次の日からは急いで葉酸サプリを買ってきたり出生前診断について調べたり、妊娠のことで頭がいっぱいになってしまいました。

関連記事:妊娠初期におすすめの葉酸サプリ

先輩ママとしてメッセージ

一人目の妊娠を希望して婦人科を受診したとき「妊娠しにくい」と言われました。確かにそうだったようで、結婚してからすぐには一人目は生まれませんでした。

本格的な不妊治療を始めようかどうか迷っているうちに一人目を妊娠し、二人目のために不妊治療で有名なクリニックを受診しようかと考えているときに二人目を妊娠しました。妊娠・出産は奇跡だと言いますが、今回の三人目でそれを実感しています。思い通りにはいかないなあ、と。

一つ後悔は、妊娠三回とも予定外だったため飲酒をしていたことです。三人目の場合は特に妊娠の可能性など考えてもみなかったので、妊娠判明まで毎日飲酒していました。幸い今のところ異常はありませんが、もし何かあれば自分を責めていたと思います。

こういったところが女性の辛いところだとは思いますが、女性は妊娠の可能性が常にあることを忘れてはいけないな、と自省しています。

当サイトをご覧のみなさんへ

妊娠初期症状は、あくまでの予兆にすぎません。

症状があるからといって、妊娠しているということは分からないのです。

妊娠かどうか、確かめる方法は2つ

・病院( 産婦人科 ) に行く *婦人科ではなく

・妊娠検査薬で確かめる

この2つの方法が確実です。まずは、検査薬で確かめてから病院に行くのがベストです。

おすすめの妊娠検査薬

ほとんどの妊娠検査薬は、10分程度放置すると、判定結果が消えたり、無効になったりします。

しかしアクラスの「チェックワン」なら大丈夫。10分経っても判定結果が残ることで人気の妊娠検査薬です。

帰宅が夜遅い時間になる旦那さんにも」判定結果を見せることができるので、2人で喜びを分かち合えます。

妊娠初期に必要な葉酸について

このサイトでは、妊娠初期に必要とされている葉酸が不足するとどんなことが起こるのかについての記事や、人気葉酸サプリのアンケートでの口コミをまとめています。

このサイトを訪れた方に人気の記事

-どんな症状, 疲れやすい, 風邪気味・微熱
-, , ,

Copyright© 妊娠初期のみんなの体験談 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

ツールバーへスキップ