下痢・便秘

「うんちが、下痢っぽい。」それ以外は症状なし。妊活ママの体験談

更新日:

妊娠を希望していた妊活中の方が、授かった際の体験談です。ですが、実際の初期症状は全くといって感じていなかったそう。。。あったのが、生理の際の腰の重さとめまいと下痢っぽいウンチがあった軽い症状でしたとのこと。

長年待っていた際の心構えや、実際に授かった時の症状が参考になります。

ほぼ症状はなし、若干の生理の遅れから待望の授かり

どんな症状がありましたか?

妊娠を長いこと希望していてなかなか実現しなかったので、身体にどんな変化が出るのか神経質になっていましたが、まずは症状はなく、生理が予定日よりも1週間遅れたので、妊娠検査薬を試したところ、晴れて陽性反応が出ました。

生理予定日の頃には少しだけ、生理がくるかも?というような腰の重さはありましたが強いものではなく、いたって元気な日々を送っていました。ただ、ウンチが下痢のような感じになったのは覚えています。

他に6週目頃になって、めまいの不調を感じるようになりました。よく聞くおりものの変化や着床出血、微熱気味のようなだるさなど、まったくありませんでした。

症状が出た後にどんな行動をしましたか?

妊娠検査薬で確認をしたのが5週目に入った頃でした。病院では胎嚢が確認出来るのが6週目頃だというので、それを待ってから産婦人科に行き、きちんと妊娠と赤ちゃんの状態を確認してもらいました。

そこではまだ流産の可能性が否定出来ないので、2週間くらいは安静にするように指導されましたが、つわりはほとんどなく、職場にはまだ報告する段階ではないと思ったので、最善の注意を払いながら仕事をしていました

葉酸は妊娠前から摂り続けていましたが、やはり病院からの指導で妊娠が発覚した後も当面摂り続けました。まだ葉酸を意識して摂取してない方で、妊娠したかな?と思ったらすぐ取った方が良いです。

「赤ちゃんの健康として!」妊娠初期の葉酸とおすすめについて

先輩ママとしてメッセージ

妊娠を望んでいる時には、何か小さな症状でも妊娠に結びつけてしまいたくなるものだと思いますが、考え過ぎはやはり赤ちゃんを遠ざけてしまうのではないかと思います。

私は結局のところ、ほぼ生理の遅れ以外の症状は出ませんでした。妊娠がわかる前から身体を大事にするのも悪くはありませんが、きちんと育つ赤ちゃんというのは強いものです。

お母さんとなる自分が日々楽しく、充実した日々を過ごすことで、赤ちゃんがこのお母さんの子どもになりたいと思ってやってくるのではないでしょうか。

私は健康な身体を作って待っているというのがストレスで、妊活の途中からだいぶジャンクな食べ物を食べていました。しかし、結果として食べたいものを食べたいだけ食べるようにしたら赤ちゃんを授かりました。限度はありますが、妊娠したいからと自分の自由を制限してしまうのは良くないことだと思いました。

当サイトをご覧のみなさんへ

妊娠初期症状は、あくまでの予兆にすぎません。

症状があるからといって、妊娠しているということは分からないのです。

妊娠かどうか、確かめる方法は2つ

・病院( 産婦人科 ) に行く *婦人科ではなく

・妊娠検査薬で確かめる

この2つの方法が確実です。まずは、検査薬で確かめてから病院に行くのがベストです。

おすすめの妊娠検査薬

ほとんどの妊娠検査薬は、10分程度放置すると、判定結果が消えたり、無効になったりします。

しかしアクラスの「チェックワン」なら大丈夫。10分経っても判定結果が残ることで人気の妊娠検査薬です。

帰宅が夜遅い時間になる旦那さんにも」判定結果を見せることができるので、2人で喜びを分かち合えます。

妊娠初期に必要な葉酸について

このサイトでは、妊娠初期に必要とされている葉酸が不足するとどんなことが起こるのかについての記事や、人気葉酸サプリのアンケートでの口コミをまとめています。

このサイトを訪れた方に人気の記事

-下痢・便秘
-, ,

Copyright© 妊娠初期のみんなの体験談 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

ツールバーへスキップ