どんな症状 少しの出血

出血が歯茎から?いつもの生理と違う?妊娠の体験談

更新日:

妊娠の症状は、人それぞれということは勿論ご存知かもしれませんが、今回の体験記は歯茎の出血があったことから実際に妊娠された方のストーリーです。

実際に妊娠が発覚してから、どんな行動をしたのかどんなことに気をつけるべきか参考になるポイントが沢山あります。

生理かと思ったが、少しの歯茎の出血はいつもと違う~妊娠発覚~

どんな症状がありましたか?

一人目を妊娠した時のことです。生理予定日を数日過ぎても生理がきませんでした。正直、妊娠の心当たりはあったので、何となく妊娠しているような気もしていましたが、生理前のようなズーンとした下腹部が重たいような痛いような感じはあったので、やっぱりもうすぐ生理がくるのかなとも思っていました。

おりものの量は生理前よりも多くなっていましたが、インターネットで調べていた時に目にしたような微熱やだるさ、吐き気などの症状は特にありませんでした。決定的に生理前と違ったのは生理予定日の頃から歯磨きをすると歯茎から出血するようになったことは鮮明に覚えています。

症状が出た後にどんな行動をしましたか?

妊娠検査薬は生理予定日から一週間経ってから使用するものが一般的ですが、生理予定日を3日ほど過ぎると反応が出るものもあるとインターネットで知り、生理がくるのかこないのかわからない状態がストレスだったので自宅で妊娠検査薬を使用しました。
本来は朝一番の尿で検査すべきなのですが、私は夜に使用して妊娠がわかりました。妊娠がわかってからはインターネットで妊娠に関することを調べ、身体を冷やさないように着るものに気をつけたり、葉酸のサプリメントを摂取するようにしました。
病院に行ったのは妊娠6週に入った頃でした。

関連記事:妊娠初期におすすめの葉酸とは?

先輩ママとしてメッセージ

妊娠して色々としなければならないことがありますが、一番重要と言ってもよいのが出産する病院を決めることです。私は地元でも有数の人気を誇る産婦人科で出産することにしたのですが、早めに受診しないと分娩予約が取れないケースがあるようで、実際に分娩予約が取れずほかの病院に転院するよう言われている妊婦さんを目にしました。

妊娠検査薬で陽性でも週数が浅いと産婦人科でエコーで診てもらっても何も見えなくて、また受診しなくてはならなくなったりもするのですが、私の出産した産婦人科では初診の問診票に分娩予約をするかしないかの記入欄があり、そこで分娩予約することができました。人気のある病院では分娩予約ができないことも考えられるので、妊娠検査薬で陽性反応が出たら早めに受診することをオススメします。

当サイトをご覧のみなさんへ

妊娠初期症状は、あくまでの予兆にすぎません。

症状があるからといって、妊娠しているということは分からないのです。

妊娠かどうか、確かめる方法は2つ

・病院( 産婦人科 ) に行く *婦人科ではなく

・妊娠検査薬で確かめる

この2つの方法が確実です。まずは、検査薬で確かめてから病院に行くのがベストです。

おすすめの妊娠検査薬

ほとんどの妊娠検査薬は、10分程度放置すると、判定結果が消えたり、無効になったりします。

しかしアクラスの「チェックワン」なら大丈夫。10分経っても判定結果が残ることで人気の妊娠検査薬です。

帰宅が夜遅い時間になる旦那さんにも」判定結果を見せることができるので、2人で喜びを分かち合えます。

妊娠初期に必要な葉酸について

このサイトでは、妊娠初期に必要とされている葉酸が不足するとどんなことが起こるのかについての記事や、人気葉酸サプリのアンケートでの口コミをまとめています。

このサイトを訪れた方に人気の記事

-どんな症状, 少しの出血
-, , ,

Copyright© 妊娠初期のみんなの体験談 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

ツールバーへスキップ