コラム

妊娠初期症状では、どんな体の変化が出るの?妊娠2ヶ月~4ヶ月まで

投稿日:

妊娠初期症状は、受精卵が子宮内膜に着床した時点つまり、生理周期による多少の差はありますが妊娠34週目から出始める症状です。

体にどんな変化がでてくるのでしょうか?気になる妊娠初期の体の変化をご紹介します。

妊娠初期症状一体何が起きているの?

妊娠初期とは妊娠2カ月目~4カ月目、週に換算すると妊娠4週目~15週目までを意味します。

妊娠初期症状は受精卵が子宮膜に着床した時点の妊娠34週目から妊娠初期期間を通じて見られる体と体調の変化です。

着床が起こるとhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)という妊娠特有のホルモンが盛んに分泌されるようになり、このホルモンが体に様々な変化を引き起こします。

具体的には次のような体調の変化が訪れますが、人によっては全く妊娠初期症状がでないこともあるため、一例として参考にしてみてください。

  • 微熱・頭痛・倦怠感など風邪に似た症状
  • 味覚の変化
  • お腹の痛み
  • 腰痛、足の付け根の違和感
  • 着床出血
  • 胃のむかつき
  • 唾液や鼻水の質がドロリと変化する
  • 肌荒れ
  • トイレが近くなる
  • 基礎体温の高い状態が排卵後から14日以上続く

妊娠初期に体の見た目に変化は出る?妊娠2か月目(47週)

妊娠初期症状が現れ始める妊娠2か月目の体の変化を見ていきます。

4週目

着床してから間もなくで、妊娠を維持するためのhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)と言うホルモンが分泌されて、妊娠初期症状が気になりだす時期です。受精卵が細胞分裂を繰り返している状態で、まだお腹に赤ちゃんはいません。

5週目

生理周期がキチンとしている人だと、生理が1週間遅れたタイミングが5週目なので「妊娠したかも?!」と妊娠の可能性を考え始める頃でしょう。お腹の中で赤ちゃんは「胎芽」と呼ばれる状態になります。

ホルモンの分泌量がかなり多くなっているため、妊娠検査薬でほぼ確実に妊娠を判定することができます。この頃になるとホルモンの影響を大きく受けて、妊娠初期症状を徐々に感じる方が多くなってきます。

6週目

胎芽では、腎臓などの臓器、目、耳などの細胞が形成されはじめ、早ければ赤ちゃんの心拍を確認できます。この頃になるとつわりが一段と苦しくなり、多くのプレママが6週目までに妊娠に気が付くようです。

7週目

赤ちゃんの心拍を確認でき、あとは月1回の定期健診で赤ちゃんの成長を見守ることになります。7週目までに流産の可能性がもっとも高くなるため、妊娠初期症状では見られないような激しい腰痛やお腹の痛み、不正出血には十分に気を付けましょう。

妊娠2か月目までは、体の調子に変化がみられますが、見た目にお腹が出てくるなどの変化は未だ感じられません。お母さんの体になるため着々と急ピッチで準備が進んでいるため、決して体に無理をかけないように注意したいですね。

妊娠初期に体の見た目に変化は出る?妊娠3か月目(811週)

妊娠初期症状が現れ始めてからしばらくした、妊娠3カ月目の体の変化を見ていきます。

8週目

8週目から赤ちゃんは「胎芽」ではなく「胎児」と呼ばれるようになります。胎盤が形成されへその緒から栄養を貰うようになると同時に、ママの妊娠初期症状は一層辛いものになる傾向があります。

9週目

妊娠9週目になると胎児は2cmほどの大きさに成長します。つわりのピークで最も辛い時期になるでしょう。子宮が大きくなってくるので胃腸を刺激されて頻尿や便秘などのトラブルが起きやすい時期でもあります。

10週目

頭が大きい2頭身の赤ちゃんですが、エコーでは赤ちゃんが手足を動かす様子を確認できるようになります。未だつわりのピーク時期ですが、徐々につわりが落ち着いてくる方もいます。

11週目

身長約9cmほどにまで赤ちゃんが成長してきます。ママと赤ちゃんの状態が安定してきてつわりが随分よくなる方が多いです。

3か月目では子宮が握りこぶし位に大きくなり、食べ過ぎてしまった時のように、お腹が少しぽっこりしてきます。体重が大きく変化するほどではありませんが、いつも使用しているパンツが少しキツイかもと感じるかも知れません。マタニティ下着の購入を考えてみましょう!

妊娠4カ月

12週目

赤ちゃんの目が形成されはじめ、体毛も生えてきます。子宮は握りこぶしふたつ分くらいの大きになるため、ポッコリとして見えてくるでしょう。

13週目

内臓や手足などの器官はほぼ完成し、機能も発達してきます。お腹が少し大きく感じられてきます。転倒には十分に気を付けたいですね。

14週目

赤ちゃんがお腹の中で活発に動き出すのが分かる時期です。お腹のふくらみが気になりだし、マタニティウェアへの本格的な切り替えの検討を始める時期です。

15週目

先週よりも赤ちゃんは大きくなりはっきりと胎動を感じる人が出てきます。お腹は大き目のグレープフルーツくらいの大きさになり、ここからどんどんお腹が大きくなり始めます。15週目の終わりもなるとつわりが落ち着き始めるでしょう。

まとめ

妊娠初期である妊娠24カ月の間は、妊娠初期症状のピークを迎える時期です。

つわりで食が思う様に進まないことも沢山あることでしょう。つわりで体重の5%以上減った、1日中吐いてしまい食事がままならないようであれば、迷わず医師に相談しましょう。ママだけでなく赤ちゃんにも危険な状態に繋がりかねません。

目に見える体の変化はあまり感じられない時期ですが体の内部ではどんどん赤ちゃんが成長し、ママの体になるべく構造が変わり始める大切な時期です。体を労わって過ごして行きたいものですね。

当サイトをご覧のみなさんへ

妊娠初期症状は、あくまでの予兆にすぎません。

症状があるからといって、妊娠しているということは分からないのです。

妊娠かどうか、確かめる方法は2つ

・病院( 産婦人科 ) に行く *婦人科ではなく

・妊娠検査薬で確かめる

この2つの方法が確実です。まずは、検査薬で確かめてから病院に行くのがベストです。

おすすめの妊娠検査薬

ほとんどの妊娠検査薬は、10分程度放置すると、判定結果が消えたり、無効になったりします。

しかしアクラスの「チェックワン」なら大丈夫。10分経っても判定結果が残ることで人気の妊娠検査薬です。

帰宅が夜遅い時間になる旦那さんにも」判定結果を見せることができるので、2人で喜びを分かち合えます。

妊娠初期に必要な葉酸について

このサイトでは、妊娠初期に必要とされている葉酸が不足するとどんなことが起こるのかについての記事や、人気葉酸サプリのアンケートでの口コミをまとめています。

このサイトを訪れた方に人気の記事

-コラム

Copyright© 妊娠初期のみんなの体験談 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.