生理 症状がない

うっすらとした陽性反応|妊娠初期の症状と検査薬【体験談】

更新日:

妊娠の症状はそれぞれありますが、妊娠を確かめるには妊娠検査薬で陽性が出て病院で診察してもらうまでは落ち着かないと思います。

今回は、妊娠の症状が出て検査薬を試してみるもうっすらとした陽性反応だった先輩ママさんの妊娠初期の体験談をご紹介します。

妊娠初期の症状が自覚出来、妊娠検査薬を試す

どんな症状がありましたか?

私が一人目を妊娠した時の妊娠初期の症状は、下腹部のチリチリとした感覚でした。

普段生理の時には、下腹部がズーンと重くなる感覚なのですが、その時には重さはないのにチリチリとした感覚がしたのです。その二日後くらいに、今度はムカムカするような感覚を感じおかしいなと思いました。

妊娠には期待していたので、いつでも来い!という感覚だったのですが、チリチリとした感覚、そしてムカムカした感覚を直接妊娠に結びつけることはできませんでした。

だってその時には丁度生理予定日くらいで、生理かもしれないという思いもあったからです。しかし生理予定日を一週間くらいすぎたころ、眠くて眠くてたまらない感覚を覚えました。そしてやっとここで妊娠かも!と思ったのです。

症状が出た後にどんな行動をしましたか?

妊娠かも!と思ってから一番初めにしたことは、妊娠検査薬を試したことです。しかしその反応は、うっすら出る陽性反応

もっとはっきり出れば、大喜びでしたが、うっすらというラインで彼に報告をするべきかどうか迷ってしまうほど。そしてそれから4日経ってからもう一度妊娠検査薬を試しました。そして今度ははっきりと出た陽性反応。それから翌日は病院に向かいました。

そこで初めて下腹部のチリチリとした感覚、そしてムカムカ、そして眠気が妊娠によるものだったのかと判明しました。病院では、エコー検査をしてそれからその写真をもとに、その晩彼に報告しました。これが私の初めての妊娠初期の病院に行くまでのストーリーです。

先輩ママとしてメッセージ

妊活中なら、いつ妊娠したっておかしくありません。しかしながら、いざ妊娠初期様の症状が出てみると戸惑うし、すぐには妊娠に結びつけて考えることもできません。そんな時にはやっぱり病院で判定するのがいいですね。確実だし、エコー写真で彼に報告ができるのでいいと思います。

妊娠とわかったら、今度は一気に妊婦化して、症状がいろいろ出てくることもあります。妊婦になったんだという思いが、つわりなどの症状を加速させることもあるのかもしれません。

しかし妊娠に不安を感じず、まずは健康な生活を心がけること、また赤ちゃんの成長を楽しみに過ごすことで、妊娠初期を乗り越えることができると思います。そのため私は、妊娠したけれどなるべく普通の生活を心がけようと努力しました。そうすることで、過剰な心配もせず、つわりを乗り切れたような気がします。

当サイトをご覧のみなさんへ

妊娠初期症状は、あくまでの予兆にすぎません。

症状があるからといって、妊娠しているということは分からないのです。

妊娠かどうか、確かめる方法は2つ

・病院( 産婦人科 ) に行く *婦人科ではなく

・妊娠検査薬で確かめる

この2つの方法が確実です。まずは、検査薬で確かめてから病院に行くのがベストです。

おすすめの妊娠検査薬

ほとんどの妊娠検査薬は、10分程度放置すると、判定結果が消えたり、無効になったりします。

しかしアクラスの「チェックワン」なら大丈夫。10分経っても判定結果が残ることで人気の妊娠検査薬です。

帰宅が夜遅い時間になる旦那さんにも」判定結果を見せることができるので、2人で喜びを分かち合えます。

妊娠初期に必要な葉酸について

このサイトでは、妊娠初期に必要とされている葉酸が不足するとどんなことが起こるのかについての記事や、人気葉酸サプリのアンケートでの口コミをまとめています。

このサイトを訪れた方に人気の記事

-生理, 症状がない
-, ,

Copyright© 妊娠初期のみんなの体験談 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.