コラム

妊娠初期症状は人によって早いこともあるの?【最短の傾向と症状】

投稿日:

妊娠初期症状がいつ現れるのかは、個々人によって違います。最短でどの位で妊娠初期症状が現れる可能性があるのか調べてみました!

「生理前だけど何となく体の調子がおかしいかも」「排卵日から何となく体の調子がおかしい」と妊娠の可能性に思い当たる方は、ぜひチェックしてみてください。

妊娠(超)初期症状は最短で生理予定日よりも少し早く起こる

一般的には排卵日(妊娠1週目)から数日以内に卵子と精子が受精(妊娠2週目)し、その後約1週間かけて受精卵は子宮まで移動→着床(妊娠3週目の終わりごろ)をした時点から妊娠超初期症状が現れ始めます。妊娠4週目が生理の周期になるので、生理予定日あたりから体の不調を感じるケースが多いといえるでしょう。

ただし、排卵、受精のタイミングにより数日変動することもあります。早い人であれば生理予定日の5日前位から体の変化に気が付く人もいるようです。

妊娠初期症状が早い人に多い症状の特徴

妊娠4週までに現れる体の変化は妊娠超初期症状と呼ばれます。

早い段階で体の不調に気が付く人は、次のような妊娠(超)初期症状を感じるケースが多いようです。

よくある妊娠(超)初期症状

・微熱が続く

・子宮にチクリとした痛みがある

・胸がチクチクと痛む

・生理予定日前の微量な出血

・異様なほどの眠気

気持ち悪くなる、味覚の変化と言った違いを感じる方は少なく、上記のようなちょっとした体の変化+勘で妊娠の可能性に気が付いたという方が多いです。特に子宮の痛みや微量出血を症状が超初期症状として多く挙げられます。

微熱が続いて、薬を飲んでしまったという方も。妊娠の可能性が少しでもあるのであれば、検査薬で調べるまでの間は薬の使用を控えた方が良いかも知れませんね。

人によっては妊娠(超)初期症状に気が付かないこともある

妊娠(超)初期症状の場合、ちょっとした体調不良だと勘違いする人が多いようです。妊娠に気が付かないで万が一アルコールやタバコ、胎児に悪影響を与える薬を飲み続けていたら気が付いた時には後悔する結果になることもあり得ます。

妊娠初期には受精卵は未だ人間らしい形にすら育っていない状態ですが、ものすごい勢いで細胞分裂と成長を始めています。なるべく早い段階で妊娠に気が付き、赤ちゃんの健やかな成長を守っていきたいものですよね。

そのためにも、ぜひ基礎体温を測る習慣をつけてみてください。妊娠(超)初期症状の判別方法は曖昧ですが、基礎体温はウソをつきません。排卵日から14日以上高温期が続き、かつ体の不調が気になるようになったら妊娠の可能性が高いと言えるでしょう。

まとめ

妊娠(超)初期症状は、早い人であれば生理予定日5日前くらいから感じられるでしょう。ただし、どれも月経前症候群に似た症状なので、妊娠の可能性に気が付かない方も多いです。

より確実に妊娠の可能性を判断するためにも、基礎体温を参考にすることをオススメします

当サイトをご覧のみなさんへ

妊娠初期症状は、あくまでの予兆にすぎません。

症状があるからといって、妊娠しているということは分からないのです。

妊娠かどうか、確かめる方法は2つ

・病院( 産婦人科 ) に行く *婦人科ではなく

・妊娠検査薬で確かめる

この2つの方法が確実です。まずは、検査薬で確かめてから病院に行くのがベストです。

おすすめの妊娠検査薬

ほとんどの妊娠検査薬は、10分程度放置すると、判定結果が消えたり、無効になったりします。

しかしアクラスの「チェックワン」なら大丈夫。10分経っても判定結果が残ることで人気の妊娠検査薬です。

帰宅が夜遅い時間になる旦那さんにも」判定結果を見せることができるので、2人で喜びを分かち合えます。

妊娠初期に必要な葉酸について

このサイトでは、妊娠初期に必要とされている葉酸が不足するとどんなことが起こるのかについての記事や、人気葉酸サプリのアンケートでの口コミをまとめています。

このサイトを訪れた方に人気の記事

-コラム

Copyright© 妊娠初期のみんなの体験談 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.