どんな症状 ムカムカする

「費用が倍もかかった」妊娠初期症状の後に婦人科へ【体験談】

更新日:

妊娠の初期症状があった後に、婦人科を受診してしまった方の妊娠初期の体験談です。

生理痛とは違う症状があり、急いで婦人科を受診したものの・・・

どんな症状がありましたか?

毎月定期的に来ていた生理が予定日をすぎてもこなくて、予定日から3日ほどたった頃に朝起きてすぐに、今までに体験した事のない胃のムカツキを感じました。

二日酔いや油ものを食べた時の胃のもたれなどとは違う、初めての症状にこれが「つわり」だと直感しました。同時におなかの痛みを感じましたが、確実に子宮が痛いと分かりました。

しかし生理が始まる前のなんとなくお腹が痛い感じとは違い、これまでに経験した生理痛の痛みとも違う、重たい感じの何かが入っているのを感じるような鈍痛で、二つの症状から「妊娠した」と直感しました。

症状が出た後にどんな行動をしましたか?

検査をしなくても確実に妊娠している確認がありましたが、夫が信用しないため薬局で妊娠検査薬を購入してきました。

検査薬で検査をしたら妊娠の陽性反応がありました。そこからあわてて近所に産婦人科があるか調べ始めて、近くの婦人科を受診しました。

婦人科では子どもが出産できないことを初めて知り、出産できる病院を改めて探して再度受診することになりました。こんなことならば最初から産婦人科を受診すれば良かったと後悔しました。受診料も倍ですし、恥ずかしい思いを余計にしたことになりますから。

先輩ママとしてメッセージ

妊娠が発覚したばかりの妊娠2~3ヶ月の頃は、お腹も大きくないし、安定期に入るまで流産する可能性もあることから、職場などあまり周りの人に大げさに言いふらしたくない思いがあって、いつもと同じように短いスカートのスーツにハイヒールで出社したところ、仕事からの帰り道、急にお腹が痛くなりました。

妊婦さんはかかとの高いヒールを履いてはいけないというのはこういうことがあるからだと実感。それからはペタンコの靴を履き、お腹が冷えないようにパンツスタイルで仕事に行くようにしました。

今思うと、これが子どものために自分を捨て始めたきっかけです。お腹が大きくなればうつぶせ寝ができなくなり、子どもが生まれたら爪を伸ばすのをやめ、ゆっくり眠ることができなくなり、たくさんのことを諦めていきますが、そうやってお母さんになるんだなとも思いました。

当サイトをご覧のみなさんへ

妊娠初期症状は、あくまでの予兆にすぎません。

症状があるからといって、妊娠しているということは分からないのです。

妊娠かどうか、確かめる方法は2つ

・病院( 産婦人科 ) に行く *婦人科ではなく

・妊娠検査薬で確かめる

この2つの方法が確実です。まずは、検査薬で確かめてから病院に行くのがベストです。

おすすめの妊娠検査薬

ほとんどの妊娠検査薬は、10分程度放置すると、判定結果が消えたり、無効になったりします。

しかしアクラスの「チェックワン」なら大丈夫。10分経っても判定結果が残ることで人気の妊娠検査薬です。

帰宅が夜遅い時間になる旦那さんにも」判定結果を見せることができるので、2人で喜びを分かち合えます。

妊娠初期に必要な葉酸について

このサイトでは、妊娠初期に必要とされている葉酸が不足するとどんなことが起こるのかについての記事や、人気葉酸サプリのアンケートでの口コミをまとめています。

このサイトを訪れた方に人気の記事

-どんな症状, ムカムカする
-,

Copyright© 妊娠初期のみんなの体験談 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.