コラム

妊娠初期におすすめの栄養ドリンク5種類【お悩み別】

投稿日:

安定期に入るまでの妊娠初期は、ホルモンバランスの変化からつわりが最も苦しい時期でもあります。

食が思う様に進まなかったり、好みの変化から食べられるものが偏ってきたりと栄養素が心配になりますよね

通常であればスグにでも役立てていた栄養ドリンクなどの健康補助食品ですが、妊婦さんが摂取しても大丈夫なのでしょうか?気になる妊娠初期の栄養ドリンクについて詳しく解説します。

そもそも妊娠初期に栄養ドリンクを飲んでも大丈夫なの?

妊娠初期は体に疲れがたまりがちです。結論から言えば、妊婦さんでもOKな栄養ドリンクを選ぶ限り、摂取しても問題ありません。「栄養ドリンクを飲むと元気になる気がする」と言った方は、摂取しましょう。疲れをため込むよりはずっと良い選択ですよ。

ただし栄養ドリンクはあくまで補助食品です。ビタミン・ミネラルなどが豊富に含まれて、中には妊婦さんにとって過剰摂取NGになる成分もあるので容量を守って摂取したいところです。

飲んだらNGOKな栄養ドリンクの見極め方

栄養ドリンクの中にはカフェインなどの妊娠中に避けたい成分を配合していることもあります。妊婦さんの場合、飲める栄養ドリンクは限られてくるので注意しましょう。

妊娠初期にも飲める栄養ドリンクの選び方をご紹介します。

その1:カフェインが入っていないか

栄養ドリンクには3050mgのカフェインが含まれています。

妊婦さんが摂取できるカフェイン/1日は200300mg以内(コーヒー12杯分)です。カフェインの過剰摂取は赤ちゃんに悪影響を与えてしまうので、コーヒーを飲む方であればノンカフェインの品を選びたいところです。特にカフェインを食事や飲み物から摂取しないのであれば、3050mgのカフェインを含む栄養ドリンク1/1日程度であれば問題はないでしょう。

その2:カロリー・糖質が高くないか

栄養ドリンクには栄養が凝縮されているだけあって、カロリーが高くさらに味をごまかすために糖質の高い品も多いです。赤ちゃんの成長とともに糖質を制限されることや、何よりも体が太りやすい時期なので早めに糖質やカロリーに気を配りたいですね。過度なカロリー、糖質ではないか、ラベルを確認してから購入しましょう。

その3:アレルギー成分は入っていないか

栄養ドリンクには色々なエキスが含まれています。そうしたエキスに反応してしまうことや、防腐剤などの添加物にアレルギー反応が出る方もいます。認知している範囲でアレルギーの原因になり得る成分が含まれていないか、事前にメーカーに問い合わせるか、医師に確認すると安心でしょう。

その4:アルコールの量はどうか

栄養ドリンクには0.31.5g程度のアルコールが含まれています。5%ビールの量にすれば10ml40ml程度でしょう。この位のアルコール量であれば食用酒と同じような感覚で妊婦に悪影響を与えるような量ではありません。ただし、元からアルコールに弱いかたであれば、避けた方が良いでしょう。

上記の内容が確認できる栄養ドリンクであれば、妊娠初期に役立てても問題になることはないでしょう。最も確実なのはラベルに「妊娠・授乳期の栄養補給に」など、妊婦さんでも飲める旨の記載がある品を選ぶ方法です。

メーカーが問題ないと判断しているということなので、それなりに栄養素のバランス、内容、安全性を確認していると考えられます。(何かあった時にはメーカーが責任を問われかかねませんからね!)

「妊婦okの記載がない品だけど気になるドリンクがある」と言った際には、薬局やドラッグストアに在中している薬剤師さんに相談すると良いでしょう。

■妊娠初期に栄養ドリンクは毎日飲んでも大丈夫?

栄養ドリンクは容量を守るのであれば、毎日摂取してもokです。ただし、過剰摂取が問題となるカフェインやビタミンAを含む品も多いので、飲み過ぎには注意しましょう。

ビタミン剤や栄養ドリンクを飲むと尿が黄色になることもありますよね。体内の栄養バランスが変わるため、検診の数値も若干変わる可能性があります。検査の際に「栄養ドリンクを飲んでいる」と伝えておくと安心です。

■【お悩み別】妊娠初期におすすめの栄養ドリンクはコレ!

体のお悩み別に、オススメの栄養ドリンクをご紹介します。

◇妊娠初期の鉄分不足が気になるあなたに

アルフェ ネオ(大正製薬)

1本あたり、たったの5カロリーそれもカフェインフリーの栄養ドリンクです。妊娠初期に不足させたくない鉄分を1瓶で4.5g補えます。

肌荒れが気になるあなたに

・チョコラBBドリンクビット(エーザイ)

カフェインフリー、カロリーオフの栄養ドリンクです。お肌作りに役立つビタミンB類を豊富に配合しているため、肌荒れ対策にオススメです。

冷えが気になる貴方に

リゲインスタイル(第一三共ヘルスケア)

13.5kcalと超低カロリーです。生薬や生姜エキスがたっぷりと含まれていて、体を温めてくれますよ。

アルコールに弱くて栄養ドリンクが見つからない方に

リポビタンフィール(大正製薬)

タウリン1000mg、ビタミンB群などを配合しています。ノンアルコール、カフェインゼロで1本あたり18kcalの低カロリー。お休み前にも安心して摂取できます。

お財布に優しく栄養補給をしたいあなたに

・エスカップ(エスエス製薬)

食欲不振時に有用なカルニチン塩化物をはじめ、肉体疲労時に不足しがちなビタミンB群やタウリンを配合。妊婦さんの使用もメーカーが推奨しています。1150円ちょっとというお手頃さが魅力です。

まとめ

栄養ドリンクは、妊婦さん向きの品を選ぶことが出来れば、飲んでも問題ありません。「妊娠・授乳期の栄養補給に」と記載されているドリンクでも少量のアルコールやカフェインが含まれる事が多いです。

過ぎたるは猶及ばざるが如しと言ったように、必ず用量を守って安全に摂取していきましょう!

妊娠初期の疲れ、体調不良の改善に栄養ドリンクを上手に役立ててみてくださいね。

当サイトをご覧のみなさんへ

妊娠初期症状は、あくまでの予兆にすぎません。

症状があるからといって、妊娠しているということは分からないのです。

妊娠かどうか、確かめる方法は2つ

・病院( 産婦人科 ) に行く *婦人科ではなく

・妊娠検査薬で確かめる

この2つの方法が確実です。まずは、検査薬で確かめてから病院に行くのがベストです。

おすすめの妊娠検査薬

ほとんどの妊娠検査薬は、10分程度放置すると、判定結果が消えたり、無効になったりします。

しかしアクラスの「チェックワン」なら大丈夫。10分経っても判定結果が残ることで人気の妊娠検査薬です。

帰宅が夜遅い時間になる旦那さんにも」判定結果を見せることができるので、2人で喜びを分かち合えます。

妊娠初期に必要な葉酸について

このサイトでは、妊娠初期に必要とされている葉酸が不足するとどんなことが起こるのかについての記事や、人気葉酸サプリのアンケートでの口コミをまとめています。

このサイトを訪れた方に人気の記事

-コラム
-,

Copyright© 妊娠初期のみんなの体験談 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

ツールバーへスキップ